介護保険制度について

介護保険制度について

◎介護保険制度について

日本社会は、かってないスピードで高齢化が進んでいます。 今世紀の中頃には、国民3人のうち1人が65歳以上になるという超高齢化社会になると予想されています。 介護保険制度は、寝たきりや認知症などで常に介護を必要とする状態(要介護状態)や、常に介護の必要はないが、家事や身支度などで介護が必要な状態(要支援状態)になったとき、状況に応じて保健・医療・福祉のサービスを総合的に受けられる制度です。

◎介護サービスの利用対象者

介護サービスの利用対象者は、次の2種に分かれます。

  • 65歳以上の方(第1号被保険者)
    原因を問わず日常生活を送るために介護や支援が必要となった場合。
  • 40~64歳の方(第2号被保険者)
    初期の痴呆や脳血管疾患など老化に伴う病気「特定疾病」が原因で、日常生活を送るために介護や支援が必要となった場合。

◎特定疾病の範囲

特定疾病については、その範囲を明確にするとともに、介護保険制度における要介護認定の際の運用を容易にする観点から、個別疾病名を列記している。(介護保険法施行令第二条)

  • がん【がん末期】(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)
  • 関節リウマチ※
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 後縦靱帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗鬆症
  • 初老期における認知症
  • 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病※
    【パーキンソン病関連疾患】
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 早老症
  • 多系統萎縮症※
  • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

(※印は平成18年4月に追加、見直しがなされたもの)

◎介護サービスの内容

  • 福祉用具の貸与・購入・住宅改修
  • 在宅サービス 訪問介護/訪問リハビリテーション/訪問入浴介護など
  • 施設サービス 特別養護老人ホーム/老人保険施設/介護療養医療施設など
お問い合せ