福祉用具販売・レンタル

福祉用具・介護用品の販売

介護保険の給付対象となる福祉用具は次の通りです。

●腰掛便座(ポータブルトイレ・和式⇒洋式・便座昇降機等)

●入浴補助用具(入浴用椅子・入浴用手すり・すのこ等)

●簡易浴槽

●移動用リフトのつり具の部分

●自動排泄処理装置の交換可能部品

厚生労働省告示に準拠した品目には、要介護区分を問わず、購入費用(年間上限10万円)のうち利用者負担額を引いた金額が支給されます。
毎年4月1日に10万円の予算がつきます。

介護保険での福祉用具販売は、利用者が一旦費用の全額を支払い、その後に申請をして保険給付分の支払いを受けるという、いわゆる「償還払い」を原則としていますが、市町村によって異なりますので、詳しくはお住まいの市町村や、当社担当にお尋ねください。
利用者の負担額は原則1割ですが、条件によって1割以上の負担となる場合がございます。

福祉用具販売カテゴリへ

福祉用具・介護用品のレンタル

福祉用具・介護用品のレンタル 5つの メリット!

介護保険の給付対象となる福祉用具

●特殊寝台・・・背上げと高さ調節のできるもの(要介護2~5の方対象)

●特殊寝台付属品・・・介助ベルト・手すり・マットレス・サイドレール・テーブルなど(要介護2~5の方対象)

●床ずれ防止用具・・・エアマットレス・ウレタン等の体圧分散マットレス(要介護2~5の方対象)

●体位変換器・・・体の下に挿入し、体位を変換することのできるもの(要介護2~5の方対象)

●車いす・・・自走用・介助用・電動車いす(要介護2~5の方対象)

●車いす付属品・・・クッション・電動補助装置・テーブル・ブレーキ(要介護2~5の方対象)

●手すり・・・工事を伴わないもの(要支援・要介護1~5の方対象)

●スロープ・・・工事を伴わないもの(要支援・要介護1~5の方対象)

●歩行器・・・移動時の支えとしてフレームが左右・前にあるもの(要支援・要介護1~5の方対象)

●歩行補助杖・・・松葉杖・多点杖・ロフストランドクラッチ等(要支援・要介護1~5の方対象)

●移動用リフト(つり具の部分を除く)・・・床走行式・固定式・据置式で身体の移動を補助する(要介護2~5の方対象)

●認知症老人徘徊感知機器・・・ある地点を通過したときや離床時に通報する装置(要介護2~5の方対象)

●自動排泄処理装置・・・尿・便などを自動吸引するもの
             (尿のみを吸引するもの)要支援・要介護1~5の方対象
             〈便も吸引するもの〉要介護4~5の方対象

利用者の負担は原則1割です。
(条件によって1割以上の負担となる場合がございます)

要介護区分に応じ、給付対象品目が異なります。

福祉用具レンタルカテゴリへ

サービス提供可能地域

奈良市・生駒市・大和郡山市・天理市・京都市南部・木津川市・精華町・井手町・京田辺市・長岡京市・向日市・高槻市・大山崎町・東大阪市東部

お問い合せ